戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

認定更新のための研修の詳細

研修会実施機関による種別

必須研修

実施機関および対象の研修会は以下のとおりです。

  • 日本生薬学会の主催または共催研修会
  • 日本生薬学会支部(北海道・関東・関西)の主催または共催研修会
  • 和漢医薬学会の主催研修会
  • 日本薬学会が開催する年会、植物化学シンポジウム、天然薬物の開発と応用シンポジウム、天然有機化合物討論会、食品薬学シンポジウム
  • 日本東洋医学会が開催する学術総会
  • 日本東洋医学会支部(北海道・東北・関東甲信越・東海・北陸・関西・中四国・九州)が開催する学術総会

 

開催計画書がセンターへ提出され次第、ご案内します。(単位のシールは研修認定薬剤師制度で発行しているものと同じです)

  • 日本生薬学会年会(1回/年)

例年2日間(秋頃)の学会。

  • 日本薬学会年会(1回/年)

例年3日間(3月下旬頃)の学会。

  • 和漢医薬学会大会(1回/年)

例年2日間(8月下旬頃)の学会。

  • 日本東洋医学会学術総会(1回/年)

例年3日間(6月頃)の学会。

  • 日本東洋医学会支部学術総会(各支部ごとに、1回/年)

例年、10~11月頃

  • 日本生薬学会薬用植物園実習(2回/年)

受講申込後、実習を行い、観察ノート及び実習レポートの提出で2単位取得可能

  • 漢方薬・生薬薬剤師講座

受講申込、キーワード解答により単位取得可能(春頃開催)。ただし、研修時間により単位数は変わる。

【注意】

日本生薬学会又は、日本生薬学会支部(北海道・関東・関西)が共催するシリーズ研修会の場合、必須研修として使用できるのは一実施機関(注)あたり年間5単位、3年間で10単位まで。(注:日本生薬学会又は日本生薬学会支部と共催でシリーズ研修を実施する機関)

その他の研修

以下の2種類の研修があります。

  • 研修センター研修実施機関が開催申請手続きを経て行う漢方薬・生薬に関する研修(単位のシールは研修認定薬剤師制度で発行しているものと同じです)
  • 開催申請手続きを経ずに行われる漢方薬・生薬に関する研修(グループ研修、自己研修:単位のシールは研修認定薬剤師制度で発行しているものと同じです)

漢方薬・生薬研修会 再受講

認定期間中に再度「漢方薬・生薬研修会(9回の講義研修:全45講演、1回の薬用植物園実習)」を受講(単位シールは研修認定薬剤師制度では利用できません)
最大で20単位まで計算できます。受講申込の際に、「再受講」である旨や「漢方薬・生薬認定登録番号」を明記して下さい。

研修形態による種別

集合研修

研修認定制度上の集合研修会です。研修会名称の前に「漢」と付されている研修会を選択します。
開催予定は、センターに開催計画書が提出され次第、センターニュース、ホームページ、調剤と情報にて掲載します。
研修会主催団体より受講シールを配布します。

実習研修

研修認定制度上の実習研修会です。漢方薬・生薬に関する研修を選択します。
研修会主催団体より受講シールを配布します。
(ただし、更新に有効なのは年間5単位までです)

グループ研修

メーカー主催研修会等、会場で受講シールを配布していない漢方薬・生薬に関する研修会です。
研修後、研修センターへ受講単位を請求します ※。2時間の研修で1単位取得できます。
(ただし、更新に有効なのは3年間で5単位までです)

 

※ グループ研修の単位請求をされる際は、こちらをご確認ください。

自己研修

書籍、TV、ビデオ、インターネット等で漢方薬・生薬に関して、自主的に研修します。
研修後、研修センターへ受講単位を請求します ※。4時間の研修で1単位取得できます。
(ただし、更新に有効なのは年間5単位までです)

 

※ 自己研修の単位請求をされる際は、こちらをご確認ください。