戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

書面での単位請求方法

受講シールの配布が行われない研修(グループ研修、自己研修)に出席した場合は、研修を受けた各個人が、受講シールの請求を当センターに対して行ってください。

グループ研修・自己研修の単位請求

 グループ研修・自己研修の受講シールについては、以下を郵送にてセンターまで提出して下さい。

  • 必要事項を記入した受講単位請求書(様式第10-1)
  • 切手を貼付し、宛て先を明記した返信用封筒

 

 なお、グループ研修・自己研修については、薬剤師研修支援システムからの申請も可能です。詳しくは以下を参照してください。

 

グループ研修および自己研修等 受講単位請求時の評価基準

グループ研修・自己研修における受講単位請求書(様式第10-1)の申請評価は、以下の基準で行っています。

  • 研修会の内容把握のため、プログラムなどがある場合はそれが添付されていること(コピーでよい)。
  • 目的・課題が明確に記載されていること。
  • 研修成果の記載について
  • 感想、研修課題の列記は研修成果とは評価しない。従って、研修課題に基づき、そこから具体的にどのような理解が得られたのか、どのような情報を得たのか、自分が学び取った内容を記載すること。
  • 成果が要領よくまとめられていること。
    (1単位の請求(グループ研修の場合は2時間分、自己研修の場合は4時間分)につき、250~500文字程度にまとめて、様式第10-1裏面を利用し記入してください。)

※上記、記載要領を満たしていない場合、修正のうえ再提出が可能です。

 

学会等の単位請求

※令和元年7月1日より研修認定薬剤師制度実施要領9(2)ウ及び同実施細則16の規定を廃止します。

 これに伴い、令和元年7月以降に開催する学会、国・地方公共団体主催・共催研修会に参加して、会場で受講シールの配布がなかった場合は、自己研修として報告してください。

 

 

【注意】

学会・研修会にて当センターの受講シールまたは他の認定制度(薬剤師認定制度認証機構の認証を受けた認定制度)の単位が発行されていた場合は、本請求の対象とはなりませんのでご注意ください。