戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

小児薬物療法認定薬剤師制度に関するQ&A

小児薬物療法認定薬剤師制度についての疑問をQ&A形式でお答えします。
お読みになって、わからないことやもっと詳しく知りたいことがありましたら、メール(お問い合わせフォーム)にてご質問ください。

 

Ⅰ 制度について

Ⅰ-1 小児薬物療法認定薬剤師制度とは何ですか?

小児科領域において医薬品に関わる専門的立場から医療チームの一員として小児薬物療法に参画するための能力と適性を備え、さらに患児とその保護者等に対しても適切な助言および行動ができる薬剤師の養成を目的として、日本小児臨床薬理学会と日本薬剤師研修センターが平成24年度から創設しました。

Ⅰ-2 小児薬物療法認定薬剤師とは?

小児薬物療法分野において、一定レベル以上の能力と適性を持っていることを試問等により確認し、認定された薬剤師を指します。具体的には次のような役割を果たすことが期待されます。

 

1.医薬品に関わる専門的立場から、医療チームの一員として小児科領域の薬物治療に参画すること。
2.患児とその保護者および学童に対して、医薬品に関する指導や助言、教育を行うこと。

Ⅱ 最初に認定を受けるための要件

Ⅱ-1 小児薬物療法認定薬剤師として認定を受けるにはどのような要件を満たせばよいのですか?

以下の二つの要件を満たす薬剤師です。

 

1.「小児薬物療法研修会」(Ⅲを参照)を修了し、試験(Ⅳを参照)に合格すること。
2.当センターに登録された、小児科病棟で薬剤管理指導業務が実施されている病院において1日(原則6時間)の小児関連実務研修を修了していること(Ⅴ参照)。

 

<参考>
認定を取得する方法は、以下のページを参照してください。

Ⅱ-2 認定を受けたら、認定証は発行されますか?。

別に定める手続きを経た者に対して、日本小児臨床薬理学会運営委員長および日本薬剤師研修センター理事長の連名による認定証を発行します。

Ⅲ 小児薬物療法研修会について

Ⅲ-1 応募要件に、これまでの実務経験について「保険薬局または病院・診療所での実務経験が3年以上」となっていますが、パートや非常勤での勤務経験はどのように計算したら良いでしょうか?。

勤務時間(実働)を1日8時間、週5日(週40時間)勤務として3年以上に相当する時間数が満たされていれば結構です。なお、大学や大学院在学中の実習、アルバイトなどはその計算に含みません。

Ⅲ-2 応募要件に、「現に保険薬局または病院・診療所に勤務している薬剤師」とありますが、パートや非常勤でも良いのでしょうか?。

勤務時間(実働)が週3日以上かつ週20時間以上に相応する時間が満たされていれば結構です。

Ⅲ-3 e-ラーニング形式の研修とのことですが、他の手段はありますか?。

申し訳ございませんが、e-ラーニング(オンデマンド方式)のみです(但し、試験と同時に行われる総括講義は座学です(受講は必須))。

Ⅲ-4 e-ラーニングの講義に受講順序や期限はあるのでしょうか?。

数講義ずつ期間を区切って配信します。詳細は以下をご覧下さい。

 

配信予定期間内に受講し、講義動画中に表示されるキーワードを「薬剤師研修支援システム」にて入力して下さい。詳細な手順等については受講者に別途お知らせします。

Ⅲ-5 受講申込後(受講料決済後)、事情により受講(もしくは受講継続)が困難になった場合、キャンセル(受講料返金)は可能でしょうか?。

申し訳ございませんが、受講料決済後は、当センター側の理由による研修会中止の場合を除いては、キャンセル(受講料返金)はできませんのでご注意下さい。
なお、オンデマンド方式の研修のため、講義をCDやDVD等でお渡しすることもできません。

Ⅲ-6 スマートフォンやタブレット型端末での受講は可能でしょうか?。

オンデマンド方式での配信・受講になるため、十分な容量と速度が確保できる通信環境が必須です。従って、スマートフォンやタブレット型端末での受講(再生)は保証できません。

Ⅲ-7 研修会受講申込はどのようにしたらいいのでしょうか?。

「薬剤師研修支援システム」より行っていただきます。それ以外でのお申込はできません。

 

申込み手順については、以下を参照してください。

 

<参考>
研修会概要・申込については、以下のページを参照してください。

Ⅲ-8 受講の確認はどのようになされるのでしょうか?。

E-ラーニング(オンデマンド方式)にての受講となるため、受講の確認は、各講義の動画中に1箇所から数箇所表示されるキーワードを「薬剤師研修支援システム」を通じて報告していただきます。
詳細な手順等については受講者に別途お知らせします。

 

(注意)
すべての報告(受講確認)が無いと研修会受講修了とはなりません。その場合、試験受験資格が無く、試験を受けることが出来ません。

Ⅲ-9 研修認定薬剤師制度の受講単位は交付されるでしょうか?。

申し訳ございませんが、研修認定薬剤師制度の受講単位は交付されません。
それは、研修認定薬剤制度で、同制度以外の特定の資格取得を目的とする受講者のみを対象とする研修については単位を交付しないことが定められており、小児薬物療法研修会はこれに該当するためです。

Ⅳ 試験について

Ⅳ-1 試験もインターネットを介して行うのでしょうか?。

試験は筆記(紙媒体)試験になるため、会場にお集まりいただきます。
(試験は1年に1回、2月~3月に東京にて実施します。同日、併せて総括講義を実施します(受講は必須))。

Ⅳ-2 受験料は別途必要でしょうか?。

その年の受験に限り研修会受講料に含まれます。
都合により受験しなかった場合や不合格となって翌年受験する場合(Ⅳ-4参照)は、受験料のみ別途必要となります(再受験料は該当者にお知らせします)。

Ⅳ-3 合否はどのようにすれば分かるのでしょうか?。

当センターからメールにて通知します。ただし、合格点や個人の点数、どこが間違っていたかなどの問い合わせについてはお受け致しかねます。
なお、「合格」のメールは認定申請の際に必要となりますので、消去・紛失しないよう保存して下さい。有効期間はメール送信日から1年です(それまでに認定申請がなされない場合は無効となります)。

Ⅳ-4 都合により試験を受験しませんでした(もしくは不合格でした)。もう受けることはできないのでしょうか?。

未受験もしくは不合格の場合でも翌年の試験のみ受験可能です(但し、受験料有償)。
当センターから送信する「合否」のメールはその際に必要となるため、消去・紛失しないように大切に保存・保管して下さい(パソコン上だけでなく、プリントアウトするなどしての保管もお願いします)。

Ⅴ 実務研修(実習)について

Ⅴ-1 「当センターに登録された」施設とはどういう意味ですか?。

「薬剤師研修支援システム」に登録されている実務研修施設のうち、下記種別と研修コースに登録されている施設を指します。
具体的には、同システムのご自身のページにログインし、「研修会受講申込」画面を開き、
研修会種別:1日病院実務研修
研修コース:コース18 小児新規認定研修
にてご確認いただけます。
お申込等についても「薬剤師研修支援システム」より行っていただきます。

Ⅴ-2 自分が勤務する施設が上記Ⅴ-1の施設に該当します。この場合、自施設での実務研修(あるいは免除)でも良いのでしょうか?。

自施設での研修は認められません。また免除もありません。必ず他の施設で研修を行って下さい。

Ⅴ-3 実務研修はいつまでに行えば良いのでしょうか?。

小児薬物療法研修開始数ヶ月後(具体的な開始時期については受講者に直接連絡致します)より試験に合格した年の末日までに行って下さい。これには特別な事由等による受講猶予等の措置はございませんので、くれぐれも計画的に、施設にこだわらず早目に受講しておくことをお勧めします(Ⅴ-5も参照)。
なお、実務研修申込時に小児薬物療法研修会の受講年度と受講番号が必要となりますので、小児薬物療法研修会申込完了前に実務研修を申込むことはできません。

Ⅴ-4 実務研修を行う際に費用はかかるのでしょうか?。

研修会受講料とは別に¥10,286円(本体9,524円+税762円)かかります。

Ⅴ-5 試験前に実務研修を行いましたが、試験を受けませんでした(もしくは不合格でした)。その場合、次の試験を受験した上で再度実務研修を行う必要があるでしょうか?。

必要ありません。

Ⅴ-6 研修確定しました(研修費を支払った)が、都合により受けることができなくなりました。日程の変更は可能でしょうか。また、日程変更ができない場合、研修先の変更やキャンセル(研修費の返金)はできるでしょうか?。

まず施設に連絡をいれて日程の再調整を試みて下さい。その後、調整の可否に関わらず当センターにEメールにてご連絡下さい。
日程調整ができなかった場合の研修先の変更については、ご自身で改めて薬剤師研修支援システムからお申込いただくことになり、研修費も新たにご負担いただくこととなります(流用はできません)。
それは、研修費は受入施設にて受入準備等を進めていただくために研修前に施設に支払われているためです。キャンセルした場合も同様で、研修費の返金は致しかねます。

Ⅴ-7 研修認定薬剤師制度の受講単位は交付されるでしょうか?。

申し訳ございませんが、研修認定薬剤師制度の受講単位は交付されません。
それは、研修認定薬剤制度で、同制度以外の特定の資格取得を目的とする受講者のみを対象とする研修については単位を交付しないことが定められており、小児薬物療法研修会はこれに該当するためです。

Ⅵ 新規認定について

Ⅵ-1 認定申請はいつ行えばよいのでしょうか。また費用は別途必要でしょうか?。

当センターからの試験合格を通知するメールの送信日から1年以内に行って下さい。必要書類や申請方法については試験合格者にお知らせいたします。
申請料は研修会受講料とは他に別途\20,572円(本体19,048円+税1,524円)必要です。

 

<参考>
認定申請の手順は以下のページを参照してください。

Ⅶ 必須業務実績報告について

Ⅶ-1各年3単位以上と規定されていますが、「各年」とは暦年、あるいは年度のことでしょうか?

いいえ。「各年」とは、ご自身の認定期間の1年目、2年目、3年目を意味します。例えば、認定期間が平成28年4月1日~平成31年3月31日の場合、1年目は平成28年4月1日~平成29年3月31日となり、2年目、3年目も同様になります。
必須業務実績報告は外部の評価者によって評価が行われ、単位付与の可否が判断されますが、単位付与が認められた場合、介入終了年月日に取得した単位として計算します。その理由は、評価に数ヶ月を要するため、単位の計算を各年内に提出した症例としてしまうと、例えば1年目に5例報告を行い、結果通知が2年目に入ってからとなり、かつそのうち2例しか単位付与が認められなかった場合、1年目の必須単位が満たせなくなるという事態になってしまうためです。即ち、介入終了年月日が各年に入っている報告が各年3例(単位)ずつあれば良いことになります。例えば、1年目の期間内に介入終了年月日のある症例を2年目になってから提出しても、単位付与が認められた場合には1年目の単位として計算します。
ただし、平成29年4月1日以降(改正実施要領施行日以降)は、各年の報告(各年に介入終了年月日がある報告)は、各年の認定期限後2ヵ月までに提出して下さい。これ以降に提出されても評価は行いません(実施要領「5」の(1)の②1)参照)。
上記の例でいえば、例えば1年目(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に介入終了年月日がある報告は、平成29年5月31日までに提出する必要があります。
また、提出できる症例数の上限も設けられました。詳細は実施要領に記載していますので、必ず実施要領を確認して下さい。

<参考>

Ⅶ-2平成29年4月1日以降(改正実施要領施行日以降)は、各年の報告(各年に介入終了年月日がある報告)は各年の認定期限後2ヵ月までに提出とのことですが、3年目も同じ考え方で良いのでしょうか。

はい。結構です。認定期限間近の研修等の受講単位請求の取扱いと認定については以下にまとめてありますので参照して下さい(必須業務実績報告については2ページ目を参照して下さい)。

Ⅷ 小児医療に関わらない施設等へ異動になった場合

Ⅷ-1この度異動になったのですが、異動先が小児医療に関わっていません。何か措置はあるのでしょうか?

公務員等で小児医療現場を離れた場合、あるいは取り扱う小児の処方箋が相当に少ない施設等に異動した場合の考え方や手続きについては、以下のページの「初回認定期間中に小児医療に関わらない施設等へ異動した場合について」を参照して下さい。

Ⅸ 育児休暇、病気休暇等により研修を受けることができなかった場合

Ⅸ-1育児休暇や病気療養にて研修を受けることができなかった場合の措置は何かありますか?

以下のページの「特別な事由による認定期間延長について」を参照して下さい。