戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

研修センターニュース

月1回発行している「研修センターニュース」の内容を中心に、最新情報、研修会案内などをメールマガジンでお届けしております。
ここでは最新号の内容をご紹介します。

2019(令和元年12月)No.307

巻頭言

核磁気共鳴スペクトル測定装置 

研修会

当財団主催研修会e-ラーニングのご案内 

 当センター主催で開催された研修会をe-ラーニングにより受講できます。
当センターのe-ラーニングはストリーミング型で配信しております。お試し版にて試聴が可能かどうかをご確認下さい。パソコン以外の端末(スマートフォンなど)での受講は、画面サイズ設定等の関係から推奨できません。

1日薬局・病院実務研修とは

 本実務研修は、卒後の実務において修得し得なかったものや、自分に経験できない分野について、薬局または病院において実際に実務に携わりながら行う研修です。

6年制カリキュラム対応・自己研修(CD-ROM)

(東京化学同人発行・日本薬剤師研修センター編)

 

「薬学生・薬剤師のための6年制カリキュラム対応自己研修eラーニング(改訂版)CD付」について

 

 本書籍については、多くの方にご利用いただきましたが、出版から年月が過ぎましたので、現在流通している書籍がなくなり次第、絶版にいたします。また、この自己研修eラーニングによる単位の取得は、令和3年6月30日を以て終了します。この書籍により学習している方は、この期日までに取得をお願いします。  なお、これから購入しようとする方は、動作環境に十分ご注意ください。

 

共催研修会・各地の研修認定薬剤師制度集合研修対象研修会

センターと他機関が共催する研修案内 

各都道府県で開催される集合研修会案内 

他機関が主催するインターネット研修(集合研修)案内 

特別賛助会員が実施する研修会(センター監修研修会)案内 

 

お知らせ

価格改定について

令和元年10月1日より、当財団が運営する認定制度の認定申請料や研修受講料等の価格を変更致します。

各都道府県で開催される集合研修会のご参加にあたって

令和元年7月以降開催の研修会参加の際は、本人確認ができるものを持参し、薬剤師名簿登録番号(薬剤師免許番号)を受付にてお知らせください。

受講シールを配付していない、学会、国・地方公共団体主催・共催研修会に参加した場合の取り扱いについて

令和元年7月1日より研修認定薬剤師制度実施要領9(2)ウ及び同実施細則16の規定を廃止します。これに伴い、令和元年7月以降に開催する学会、国・地方公共団体主催・共催研修会に参加して、会場で受講シールの配付がなかった場合は、自己研修として報告してください。

当財団以外の薬剤師認定制度認証機構の認証を受けている団体等が発行する受講シールについて

令和元年7月1日以降に実施される当財団以外の薬剤師認定制度認証機構の認証を受けている団体等が開催する研修会では、受講シールのほかに、その団体による証明文書が交付されます(受講シール1枚に付き証明文書1枚)。 
認定申請の際には、その証明文書(正本)の提出も必要となります。証明文書(正本)が付されていない場合は、研修単位として認められませんので、くれぐれもご注意ください。

研修認定薬剤師制度に関する重要なお知らせ等

研修認定薬剤師制度に関する重要なお知らせ等については、「研修認定薬剤師制度に関するお知らせ」をご参照ください。

◆認定実務実習指導薬剤師実施要領の改正について

 改正認定実務実習指導薬剤師の実施要領が2019年1月1日付で施行されました。
更新に際しては更新講習の受講証の代わりとしてアドバンストワークショップ修了証 でも認められること、新規・更新共に認定不可となった場合でも申請料は返金しない ことなどが規定されました。
これら含む詳細については実施要領本体や関係各ページを ご確認下さい。

研修認定薬剤師制度 特別な事由による期間延長への対応について

表記について、その考え方や手続き等を掲載いたしました。対象になると考え られる場合はこちらをご確認ください。
http://www.jpec.or.jp/nintei/kenshunintei/kenshunintei_kikanencho.html

受講単位請求書(様式第10-1及び薬剤師研修支援システム)での単位請求について

従来、受講単位請求書での単位請求については、1ヶ月半程度で回答をお送りさせて 頂いておりましたが、現在、従来以上の申請数となっており、もう少しお時間を要する ようになっております。
誠に恐れ入りますが、受講単位請求書での単位請求については、回答までに少なく とも2ヶ月程度はお待ち下さいますよう、何卒、ご理解いただき、ご了承下さいます よう宜しくお願い申し上げます。

◆特別賛助会員への特典について(特別賛助会員が実施する研修会の監修について)

企業等特別賛助会員に対する特典は、これまで、下記の1及び2でしたが、今般、 3を加えました。
これは、特別賛助会員たる企業が単独で薬剤師を対象に行う研修会について、当セ ンターの研修認定薬剤師制度の単位交付対象として適当か否か、公益性の観点から 監修する事業を検討し、その基準、手続き等を定めたものです。
手続きを円滑に進められるよう事前相談を受付けますので、ご希望の方は、事業部の 担当者までご連絡ください。
会員になっておられない企業様におかれましては、この機会に是非、特別賛助会員 へのご加入を検討いただきますよう、ご案内申し上げます。

<特典>

1.毎月1回「研修センターニュース」を送付。
2.以下の研修会の開催に当り、会員1口当り2枚の無料招待券(東京会場又は大阪会場で使用可)を送付。(送付先登録を希望した場合のみ)

(1)医薬品承認申請実務担当者研修会
(2)GLP研修会
(3)GCP研修会

3.研修センターの監修による、単位交付可能な研修会の開催

ビデオ・オンデマンド(VOD)研修