戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

「病態と薬理を理解して薬学的ケアを実践する-国際感染症Ⅰ-」
研修会開催案内

主催: 公益財団法人 日本薬剤師研修センター
後援: 公益社団法人 日本薬剤師会
         一般社団法人 日本病院薬剤師会
         一般社団法人 日本保険薬局協会

2018年度より3年間の下半期の病態・薬理シリーズは、国立国際医療センター 国際感染症センターのご協力のもと、国際感染症をめぐる諸問題を取り上げていきます。本年度は、国際感染症の現状と耐性菌への対処について講義していただきます。是非、ご参加いただきますようご案内いたします。

なお、事前にお送りする冊子は、講演内容のスライドを掲載した要旨集です(講演要旨集のみの販売はいたしません)。

※お申込は、全て、当財団ホームページ上の「薬剤師研修支援システム」より行っていただきます。

開催日時

大阪

開催日時

2018年10月21日(日) 10:20~16:15

場所(予定)

大阪YMCAホール (大阪府大阪市西区土佐堀1丁目5-6)

定員
(当財団個人賛助会員含)

250名

申込締切日

10/8(月) ※ 延長しました。ただし、定員に達し次第締め切ります。

東京

開催日時

2018年11月4日(日) 10:20~16:15

場所(予定)

北里大学白金キャンパス1号館1501講義室 (東京都港区白金5-9-1) ※注

定員
(当財団個人賛助会員含)

250名

申込締切日

10/22(月) ※ 延長しました。ただし、定員に達し次第締め切ります。

 ※注: 前回の会場と変更となっておりますのでご注意ください。

講師並びに演題(予定)

日本と世界における感染症の現状-新興感染症からAMRまで-

(大阪会場) 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター 国際感染症対策室 医長/国際診療部 副部長  忽那 賢志 氏

(東京会場) 国立国際医療研究センター病院 副院長/総合感染症科 科長/AMR臨床リファレンスセンター センター長/国際感染症センター センター長/国際診療部 部長  大曲 貴夫 氏

薬剤耐性(AMR)対策アクションプランとその実践

(大阪会場) 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 主任研究員  日馬 由貴 氏

(東京会場) 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 情報・教育支援室長  具 芳明 氏

薬剤耐性(AMR)対策に関わる 薬剤師の役割りと薬学的介入の実際

国立国際医療研究センター病院 薬剤部  赤沢 翼 氏

単位

研修認定薬剤師制度 3単位認定

受講料(講演要旨集送料込)

  • 一般 6,480円 (本体6,000円、税480円)
  • 当財団個人賛助会員 5,400円 (本体5,000円、税400円)

※ お申込み時に、支援システム上の画面で個人賛助会員価格になっているかご確認ください。

 

<参考>

申込開始日

2018年7月30日(月)

申込方法及び申込手順

「薬剤師研修支援システム」よりお申込ください。

 

本支援システムを初めてご利用になられる方(支援システムに未登録の方)は、事前に以下のページを参照して本登録まで行ってください(登録は無料で1回のみ)。

研修会受講申し込みをする手順は下記のとおりです。(ご参照ください)

研修会受講申込手順

薬剤師、また、薬剤師以外の医療従事者&医薬業界関係者の方もお申込ができます。
上記の申込手順でお申込下さい。

当財団個人賛助会員の方の申込手順

当財団個人賛助会員価格になっているか?等の確認事項も、申込手順に記載されております。

研修会詳細等(必ずご確認ください)

開催案内・プログラム・その他注意事項等を必ずご確認ください。

☆ 当日受付はいたしません。定員になり次第締切となります。

  

注意事項

受講票について

「薬剤師研修支援システム」で申込完了後に、ご登録のメールアドレス宛に届く「研修会受講申込を受け付けました」というメールが、受講票になります。研修会当日は、そのメールを印刷して、必ずご持参ください。

領収書について

当財団の「領収書」は発行しておりません。受講料のお支払い方法により以下の通りの対応となります。

・クレジットカード決済・ペイジー決済の場合: お振込みいただいた金融機関のご利用明細をもって領収書と代えさせていただいております。

・コンビニ決済の場合: お支払い時にコンビニで発行される領収書が正規の領収書となります。

収録について

後日、e-ラーニングとしてご聴講いただけるよう、東京会場にて研修会の講演内容を収録致します。予めご了承ください。